Browsing:薬院

  • --年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • タグ:
  • 2005年07月25日 (月)

ささや

商品の「切子硝子」

巷では夏休みが始まっている。街中では子供率が高くなっている。


かなり前のことになるが、夏休みになると、双子の妹と汽車に乗せられ、約1ヶ月間他県の祖父母の家に滞在するのが常だった。そこは実家とは別世界だった。海も山も近くにあり、まさに避暑地である。食べるものもいつもとはまったく違う。特に朝が楽しみだった。
乳白色の陶器ともガラスともしれないティカップに、甘いミルクティが注がれる。祖父はストレートティを飲む。その赤と少し古びて見える白の対比が美しく、子供心にそのカップが欲しいと思った。


古い食器が気になりはじめたのは、きっとその影響が大きい。高校生の頃から、古道具屋を見ると入らずにはいられない。しかし、古道具屋というのはある意味「セレクトショップ」である。入ってはみたものの、お店のテイストが好みと違い、がっかりすることもある。ここ「ささや」は、私の好きな物たちがそこかしこにあるお店だった。


建物は古い長屋をクリーム色で塗ってある。おそらく6畳くらいの狭さだが、整然と、ぎっしりと宝物がつまっている。


店主の方が「ガラスに力を入れている」と言われていたが、なるほど、ガラスのコップ・コーヒーカップ・お皿・灰皿・薬瓶とその種類は多様だ。
また、以前別の古道具屋で見つけ、自宅で使用しているカットガラスの小皿と同じ物を「ささや」でも見つけた。こういう偶然があると、ますますお店のファンになる。


価格も良心的である。「そうめん鉢」の大小2サイズを購入した。もちろんガラス製だ。以前「ささや」でみて気に入っていたことを店主の方に話すと、高い商品でもないのに、わざわざ探してくださった。


食器のことばかり力説したが、たんすやちゃぶ台なども置いてある。
まさに「古き良き時代」を彷彿とさせるお店だ。

(A)


「ささや」


古道具のささや
福岡県福岡市中央区平尾1-12-2
092-531-4373
14:00頃~20:00 不定休

  • 2005年07月19日 (火)

YURURI (ゆるり)

「棒々鶏冷麺」

24時間営業というと、「間に合わせ」感が否めない。24時間営業のスーパー、24時間営業のコンビニ、24時間営業のファミレス等々。ここ「YURURI」がいつの間にか24時間営業居酒屋になっていたのにはおどろいた。以前は夕方に開いて、3時か4時くらいに閉まる普通の居酒屋だったのに。


というわけで、「YURURI」で初ランチをした。この日はとても暑く、また我々探検隊にはよくあるのだが、昼の出足が遅い為行く先々でランチタイムが終了していた。「YURURI」にたどり着いた時、私は熱中症寸前でクラクラしていた。それなのに、汁物好きの血が騒ぎ、「坦々麺」を注文してしまった。運ばれてきた坦々麺は想像とかなり違っていた。黒白のすりごまがたくさんかかり、スープは坦々麺というより「酸辣湯(サンラータン)か?」と思うほど酸味が効いていておいしかった。その上麺が、韓国冷麺のようにコシがあるが、もちもちとして絶品だった。汗だくなりながらあっという間に食べてしまった。写真が無いのが悔やまれる。
上の写真は隊員Hが注文した「棒々鶏冷麺」である。ごまのクリーミーなソースが、もちもち麺にからまって、これまたおいしかった。


お店は1階がカウンター、2階がテーブル席になっている。厨房をカウンターが囲み、少し高めのベンチのような椅子に腰掛けると、他の席から隔離されたような錯覚を起こす。そして、おいしいお酒とツマミ。ゆっくり話をするのにぴったりのお店だ。けっして「間に合わせ」の24時間営業ではないことを保証しよう。

(A)


「YURURI」


YURURI
福岡県福岡市中央区薬院4-3-9
092-534-6630
24時間営業

  • 2005年07月01日 (金)

"Pray for Rain" Trio

雨乞い姿三人衆

@ 福岡市中央区薬院 ネタがかぶった。。。


  • 2005年06月18日 (土)

山笠近し

福岡に住んでいる者にとって季節を感じる行事の一つに山笠がある。山笠が近くなると、夏が来たと思うのではないだろうか。自分は住んでまだ4年程であるし、直接行ったこともまだないので、山笠を述べるのはとても僭越なのだが、その時期の福岡の騒然とした雰囲気は(まあ主に中州川端周辺ではあるんだけれども)参加しない者にもよく伝わってくる。


ところで、今日のランチは第3候補まで決めて出動した。というのも、最近ここ行こうと決め、勇んで出掛けてフラれることが多々あり、用心深くなったからだ。


案の状、第一候補の「たべごろ百旬館」バイキングランチ弁当は土日のため、休み。第二候補の沖縄料理「沖縄武」は原因不明だったが、やっていなかった。その時点でかなり時間が遅くなっていたので、第三候補の韓国料理はあきらめ、検討した結果「沖縄武」のすぐそばのお好み焼き「てぼ」に決定。


さくらセットお好み焼きはオーソドックスな大阪風で、生地がふんわりしていて美味しかった。それと味噌汁に揚げ玉が入っていたのにはびっくり。店内はというと、山笠近しの雰囲気が漂い、大将の角刈り頭に捻り鉢巻がびしっと決まっていた(写真が無いのが残念です)。昼下がりにプレ山笠の雰囲気が少し味わえ、楽しい一時となった。




0618_01.jpg


てぼ
福岡市中央区渡辺通2-2-2
092-781-5505

  • 2005年06月04日 (土)

ダブリンの香り

本日は遅めのランチを食べに上人橋通りの方へ出掛けた。最初に目的していたお店にふられ(改装中)、どーしよかねぇとふらふら歩いてたところ、偶然に店の前を通りかかった。どうやら今年の4月に出来たばかりとのことで、まだ新しい香りが店中に漂っていた。店前のメニュー看板に「フィッシュ&チップス」が書かれてあったので、自分はフィッシュ&チップスプレート、隊員2号はシェパーズパイプレートをオーダー。


フィッシュ&チップスプレート シェパーズパイプレート

フィッシュ&チップスはイギリス料理として有名であるが、アイルランドでもよく食べるらしい(ちなみにこの店はアイルランドパブ)。なかなか日本で食べたくても食べられない料理の一つだと思うが、ここのは、あっさりして食べやすかった。もっとも個人的にはもっと油でこってりの方が雑多な感じがしてよかったんだけど。むしろつけあわせのパンケーキが手作りでほっこりしていて美味しかった。


ほんとは店の奥のカウンターに並べてあったアイリッシュウィスキー&ギネスビールも飲みたかったんだけど、まだ昼間だしなーとぐっと我慢した。


こういう店は夕方ぐらいから近所のおやじさんたちが、どこからともなく現れ、気楽に立ち飲みでわいわいやってくれると雰囲気出るだろうななどととしばし空想。


ハンチング+スイングトップ+小太りで!


the celts


ザ ケルツ
福岡市中央区警固1-1-23
092-714-0112
※平日は17:00~
http://www.celts.co.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。