Browsing:2008年10月

  • 2008年10月08日 (水)

名優

昨日、俳優の緒方拳さんが亡くなった。明るいニュースが無い中でもそのニュースはひときわ寂しいニュースとして、届いたような気がした。

最近の白髪で温厚そうなイメージよりも、昔の「鬼畜」の時のようなギラギラした感じがとても好きだった(見ていた当時は子供だったので、めちゃくちゃ怖かったが・・・)。
怖い中にもなんとなく弱さもかいま見えたような気がしたのは随分後になってから気づいたことであるけど。あの瞬間焦点が定まらない感じ(すぐに般若のような形相に変わったりするのだが。)
白髪のおじいちゃんになってからの演技にはそれは見えてこなかったので、きっとあれは怖さと弱さを同時に演じることで、よりリアルな人間像を作り出したかったのではと考えるのは安直だろうか。

今日のニュースで若い頃の映画やテレビのシーンが流れていたが、すごくかっこよかった。

合掌。