Browsing:2005年07月

  • 2005年07月25日 (月)

ささや

商品の「切子硝子」

巷では夏休みが始まっている。街中では子供率が高くなっている。


かなり前のことになるが、夏休みになると、双子の妹と汽車に乗せられ、約1ヶ月間他県の祖父母の家に滞在するのが常だった。そこは実家とは別世界だった。海も山も近くにあり、まさに避暑地である。食べるものもいつもとはまったく違う。特に朝が楽しみだった。
乳白色の陶器ともガラスともしれないティカップに、甘いミルクティが注がれる。祖父はストレートティを飲む。その赤と少し古びて見える白の対比が美しく、子供心にそのカップが欲しいと思った。


古い食器が気になりはじめたのは、きっとその影響が大きい。高校生の頃から、古道具屋を見ると入らずにはいられない。しかし、古道具屋というのはある意味「セレクトショップ」である。入ってはみたものの、お店のテイストが好みと違い、がっかりすることもある。ここ「ささや」は、私の好きな物たちがそこかしこにあるお店だった。


建物は古い長屋をクリーム色で塗ってある。おそらく6畳くらいの狭さだが、整然と、ぎっしりと宝物がつまっている。


店主の方が「ガラスに力を入れている」と言われていたが、なるほど、ガラスのコップ・コーヒーカップ・お皿・灰皿・薬瓶とその種類は多様だ。
また、以前別の古道具屋で見つけ、自宅で使用しているカットガラスの小皿と同じ物を「ささや」でも見つけた。こういう偶然があると、ますますお店のファンになる。


価格も良心的である。「そうめん鉢」の大小2サイズを購入した。もちろんガラス製だ。以前「ささや」でみて気に入っていたことを店主の方に話すと、高い商品でもないのに、わざわざ探してくださった。


食器のことばかり力説したが、たんすやちゃぶ台なども置いてある。
まさに「古き良き時代」を彷彿とさせるお店だ。

(A)


「ささや」


古道具のささや
福岡県福岡市中央区平尾1-12-2
092-531-4373
14:00頃~20:00 不定休

  • 2005年07月20日 (水)

ミシェル・ルグランの音楽

先日の「ジャケじゃけん」ではミシェル・ルグランを貶す形となってしまったのだが(単に自分に合わなかっただけである)、彼の音楽は実はとても好きなものが多い。 ミシェル・ルグランというと、一般的にはあまり知名度は低いのかもしれないが、例えば、
CM:「キャラバンの到着」(三菱ランサーCM)
「Di-Gue-Ding-Ding」(サントリーマグナムドライCM)etc...
映画サントラ:「華麗なる掛け」,「シェルブールの雨傘」,「ディンゴ」 etc...
など、意識をせずにルグランの音楽を耳にすることは多いと思う。 そんな中で自分のフェイバリットを幾つかあげてみる。


ロシュフォールの恋人たちロシュフォールの恋人たち
とにかくその色彩、ファッション、インテリアすべてが綺麗で、日本人のフランス幻想を体言しているといっても良い映画。監督は「シェルブールの雨傘」のジャック・ドゥミ。この映画はミュージカル映画なので、踊り歌うシーンがところどころにあるのだけど、そのシーンごとにルグランの曲がぴたりとあっている。広場の前で群集が踊るシーンなどは本当に計算されているなと毎回思うぐらい少しの隙もない。因みにCM「三菱ランサー」の曲はこの映画中の曲で、3拍子は踊ることにリズムとしてあっているなと思ったことがあった。


ルグラン・ジャズルグラン・ジャズ
ルグランは類まれなる作曲家でありジャズピアニストであると同時に、素晴らしいアレンジャーでもあった。このアルバムはジャズのビッグネーム(マイルス・デイビス、フィル・ウッズ、ビル・エバンス他)を集め、彼のコンダクトの元にスタンダードが演奏される。ビッグバンド形式で演奏されるその音は軽やかで疾走感があふれていて気持ちいい。ドライブにも流せるビッグバンドジャズといったところだろうか。


シェルブールの雨傘シェルブールの雨傘 / リナ・ホーン&ミシェル・ルグラン
ルグラン・ジャズとは少し趣を変えて、ジャズボーカリストのリナ・ホーンを迎えて制作されたアルバム。ここでもルグランはアレンジャーとしての才をいかんなく発揮しているが、「ルグラン・ジャズ」との違いはリナ・ホーンのボーカルが引き立つようにアレンジしているように聞こえるところだろう。こうして聴いているとルグランはとても器用な人なのだと思う。このアルバムでは「アイ・ガット・ア・ネーム」が自分は一番好きだ。ブルースフィーリング全面に歌うリナ・ホーンに併せるように曲のアレンジもアップテンポに疾走する。その昔クラブでこれがかかると、とても気分が高揚した(遠い昔)。


After the RainAfter the Rain
ルグランのジャズピアニストとしての顔が伺える一枚。ここではピアノトリオで淡淡と音楽が流れていく。休日の午後にのんびり聴きたい。



Le Jazz GrandLe Jazz Grand
20代の頃にジャズという音楽を別の観点から影響を与えてくれたDJ、「United Future Organization」。彼らの代表曲「Loud Minorty」の元ネタがこのアルバムの「「La Pasionaria」」という曲だ。ルグランミュージックの自分の中のキーワード”疾走感”を存分に味わえる。このレコード欲しかったなぁ・・・。

(H)

  • 2005年07月19日 (火)

YURURI (ゆるり)

「棒々鶏冷麺」

24時間営業というと、「間に合わせ」感が否めない。24時間営業のスーパー、24時間営業のコンビニ、24時間営業のファミレス等々。ここ「YURURI」がいつの間にか24時間営業居酒屋になっていたのにはおどろいた。以前は夕方に開いて、3時か4時くらいに閉まる普通の居酒屋だったのに。


というわけで、「YURURI」で初ランチをした。この日はとても暑く、また我々探検隊にはよくあるのだが、昼の出足が遅い為行く先々でランチタイムが終了していた。「YURURI」にたどり着いた時、私は熱中症寸前でクラクラしていた。それなのに、汁物好きの血が騒ぎ、「坦々麺」を注文してしまった。運ばれてきた坦々麺は想像とかなり違っていた。黒白のすりごまがたくさんかかり、スープは坦々麺というより「酸辣湯(サンラータン)か?」と思うほど酸味が効いていておいしかった。その上麺が、韓国冷麺のようにコシがあるが、もちもちとして絶品だった。汗だくなりながらあっという間に食べてしまった。写真が無いのが悔やまれる。
上の写真は隊員Hが注文した「棒々鶏冷麺」である。ごまのクリーミーなソースが、もちもち麺にからまって、これまたおいしかった。


お店は1階がカウンター、2階がテーブル席になっている。厨房をカウンターが囲み、少し高めのベンチのような椅子に腰掛けると、他の席から隔離されたような錯覚を起こす。そして、おいしいお酒とツマミ。ゆっくり話をするのにぴったりのお店だ。けっして「間に合わせ」の24時間営業ではないことを保証しよう。

(A)


「YURURI」


YURURI
福岡県福岡市中央区薬院4-3-9
092-534-6630
24時間営業

  • 2005年07月16日 (土)

そして、山が動く

ついにこの日がやってきた。7月15日は「山笠」最終日、追い山の日だ。
開始は午前4時59分と決まっており、夏場に近いとはいえ、福岡の空もまだ其の時間は薄暗い。眠い目をこすり、半分朦朧としながら、スタート地点の櫛田神社の近くまで出掛けた。
着いた時点で開始20分前。神社周辺は早朝だというのを忘れるほど、人の波が凄い。早々にスタート地点での見物をあきらめ、予め下見していたルート地点に移動する。移動中にスタートを待ち構えている流(舁き山の担ぎ手)の集団を見た。みな一様に静かだが、静から動へと待ち構えんとするそのびりびりとした緊張感は、こちらにも伝わってくるようだ。
まもなく1番流がスタートしたとのアナウンスが流れたので、急いで移動する。ポイントまで移動したらほどなく1番流がやってきた。
その迫力は言葉にならない。頬を高潮させる者、肩で息を切っている者、ふらふらになりながら掛け声を掛けている者、みな興奮状態であるようだ。掛け声とともに瞬く間に通りを駈け抜けて行く。ただ山を担ぐ、それだけのために。

(H)


追い山

※上の画像をクリックすると動画が別windowで表示されます。ファイルはmp4のため、閲覧するためにはQuicktimeが必要です。PCにDLされてない方で閲覧希望の方はお手数ですがアップルのサイトからDLしてください。

  • 2005年07月15日 (金)

たらふくまんま

依然、探検隊の間で、和洋中の料理の中で、一番金額が天井知らずなのは「和」であるとの結論に至ったことがある。それはさておき、一般的に美味しいとされる「和」を食するところは大雑把に分けて3つほどあるような気がする。


1.いわゆる「料亭」タイプ
2.新鮮な食材が安価に手に入り、おいしさの割には値段が良心的なタイプ
3.店のデザイン、スタイル、メニューなど一見「和」を意識させないタイプ


3.は最近このスタイルのお店が増えつつあるので、あまり目新しくなくなってはきているが、「たらふくまんま」は福岡ではこのスタイルの先駆けのようなお店であるように思う。場所は天神と中州それぞれから若干はずれたところにあるので、なかなか分かりにくい。店の表が、焦げ茶色の板で仕切られているので、中の様子がまったく見えず、入るときに些かの緊張感を伴った。ただ、入ってみると、そこから先は落ち着いた雰囲気で安心感がある。この店、実はかなりそれなりな値段がかかるのだが(知り合いが依然値段を気にせず注文したら会計の時にびっくりしたとのこと)、23時以降から、「深夜のランチ」なる物を注文できる。これはかなり得な内容になっており、ドリンク1杯、前菜1品、主菜2品で2,500円だった。がっちり食べるにはちょっと少な目ではあるけど、お酒の肴にはちょうど良いような気がした。
味はというと…、これは美味しい。美味しいと聞かされてから行ったのであまり驚きはなかったが、知らずに行くと、その美味しさにびっくりすると思う。この日は二人で行ったが、複数人で行き、主菜を重ならないように注文すると、色々な味が楽しめ、さらにお得感が増すと思った。

(H)

深夜のランチ
(前菜)小さめの握り
小さめの握り

(主菜)天ぷら盛り合わせ 総菜の盛り合わせ 豚肉の味噌焼き 魚の煮付
(写真取り忘れた・・・。)



追1:「深夜のランチ」は他に水菜のおひたし,藻ずく,茄子のスープ,かぼすのシャーベットなどを含む。
追2:スタッフのユニフォームは…なかなかユニークである。体育会系?
追3:藻ずくがかなり美味しい。藻ずく好きとしては今まで食べた中でベスト5に入る(笑)。



たらふくまんま
福岡県福岡市中央区春吉3-25-10
092-713-6056
18:00~翌4:30(日曜、祝日は17:00~23:30)

  • 2005年07月09日 (土)

SPUR 90

sac

久しぶりに物を作った。カーテンの端切れを使った袋だ。ミシンを使うのは1年ぶりで少々緊張したが、思った以上に快調に動いてくれた。
油もささないのに、なんと忠実な部下だろう。
人間だったら、1年間連絡をとらなかったら、友人リストからはずされてしまうかもしれない。
そんな後ろめたさから、我がミシン SPUR(シュプール) 90をメンテナンスしてみた。

SPUR 90
洋裁はメカニックな作業である。

(A)

  • 2005年07月06日 (水)

YAMAKASA No.8

八番 山笠

@ 福岡市博多区上川端町付近

  • 2005年07月03日 (日)

更新備忘録

背景を#FFFFFFに。
タイトルイメージのところにメニューを作成予定。
ArchivesとProfileを作成する予定だが、少し時間がかかりそう。
多少工夫する必要も出てくるので、暗礁に乗り上げる可能性がある。


それにしても少し前の柔らか系から随分変わってしまった。。。
目にはあまり優しくないかもと思ってみたり。

(H)


......................................................
2005/07/04 追記
Archives部分作成。右メニューから無くしたことで、多少使いづらくなったかもしれない。またまた検討要。

  • 2005年07月01日 (金)

"Pray for Rain" Trio

雨乞い姿三人衆

@ 福岡市中央区薬院 ネタがかぶった。。。